男性心理・男の心理・男の本音を徹底分析する恋愛心理学

男性心理学

本当の男の気持ちを知りたいあなたへ

2012年11月、新刊発売のお知らせ
夫の浮気がピタリと止む方法 あなたのもとに、夫が戻ってくるまで
夫の浮気がピタリと止む方法
あなたのもとに、夫が戻ってくるまで
「夫婦」はもっと仲良くなれる 夫の恋を許せますか?(文庫) ふたりの関係がコワれそうになったら もう一度、彼とやり直したいあなたへ 「いつか離婚したい」と考えているあなたへ 夫の恋を許せますか?(単行本)

彼の気持ちがわからない。

恋愛・不倫・離婚問題を専門とする心理カウンセラーとして
私は今までに数千人を超える方からのご相談を受けてまいりました。
その中でとても多いと感じるものが
「男の心理がわからない」という女性側からの悩みでした。

私はそうした悩みに対して
まず、相手の男性の行動、普段の性格、家庭環境を詳しく調べ、詳細な心理分析を行い
悩める方々に男の心理の真実をお伝えしてまいりました。

このサイトは
ひとりの男性心理カウンセラーが
現代の男の心理・本音を分析し、みなさんの気がつかなかった
真実の数々についてお話するものです。

幸せな恋愛・結婚を願うすべてのみなさまの
お役に立てることをお祈りしております。

武石晃一

バックナンバー

【01】 プロローグ
【02】 男はみんなマザコン?
【03】 マザコン男の心理
【04】 マザコンから脱却するために
【05】 男性がウソをつく時
【06】 うそつき男の心理
【07】 男性が弱くなった本当の理由
【08】 浮気・不倫の心理(1)
【09】 浮気・不倫の心理(2)
【10】 浮気・不倫の心理(3)
【11】 浮気・不倫の心理(4)
【12】 怒りの心理
【13】 怒りっぽい男性の心理
第13号 (2005年11月30日)

怒りっぽい男性の心理

怒りそのものは悪いものではありません。
怒りは、嬉しい、悲しい、楽しいといった人間の持つ感情のひとつです。感情は人間であることの証でもあります。ゆえに『怒り』それ自体は善でも悪でもありません。人間であれば、ある出来事で怒ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

誰だって時には怒ります。しかし、今回取り上げる『怒りっぽい男性』はいつも怒っています。怒る必要のない場面でも怒っているのです。

こうした怒りっぽい男性の多くはいつも世間に対して不満を感じています。思い通りに生きることができないことに不満をため、イライラしているのです。そして、その一方で自分のことを無能で不運な男と感じていることが少なくありません。しかし、それを心の奥で感じていても表に出す事がほとんどありません。

男性は女性以上にプライドが高いと言われています。そして女性以上に強さをアピールする傾向があります。強いことが男らしいと感じているのです。そして男性の多くがその強さのアピールのひとつの方法が怒りであると感じていると思われます。

しかし、強さを必要以上にアピールすることは、自分が弱い人間であることを悟られたくないことの裏返しでもあります。怒りっぽい男性は「強さ=激しい怒り」と考え、それを表現することで、自分の弱さを見られることを実は隠そうとしているのです。

もうおわかりになっていただけたかもしれません。
怒りっぽい男性の根底にある心理。それは自分の弱さを見られることの”恐怖”なのです。

彼らはなぜいつも怒りを表現するのでしょう。
それは『恐い』からです。
彼らは『自分の弱さを見られる恐怖』を感じているからいつも怒っているのです。

それではなぜ彼らは自分の弱さを見られることに恐怖を感じているのでしょうか。それは彼らの意識の中で、自分が本当は弱い人間であることを他人に悟られてしまえば、更に自分が傷ついてしまうと感じているからなのです。

彼らが、自分の弱さを見られることで感じる『それ以上の恐怖』とはなんでしょう。それは次にあげる3つに分類することができます。その3つとは『見捨てられる恐怖』、『傷つけられる恐怖』、『支配される恐怖』です。

ある人は自分の弱さを見られたら見捨てられると感じ、
ある人は自分の弱さを見られたら傷つけられると感じ、
ある人は自分の弱さを見られたら支配されると感じています。

怒りっぽい男性を詳しく分析していくと、この『見捨てられる恐怖』、『傷つけられる恐怖』、『支配される恐怖』を抱えた3タイプの男性に分類することができるのです。


 武石晃一が発信する他のウェブサイト
深刻な恋の悩み相談
 深刻な恋の悩み相談
 別れたくない方必見!
 恋愛・不倫・夫婦の悩みの心理的原因と対処法

男性心理学
男性心理・男の心理・男の本音を
徹底分析する恋愛心理学
発行者 カウンセラー 武石晃一
URL http://www.newgyosei.com/
● 著書のご紹介 ●

  『夫の恋を許せますか?もう一度、彼を信じたいあなたへ』
 『「いつか離婚したい」と考えているあなたへ』
『もう一度、彼とやり直したいあなたへ』
『夫の恋を許せますか?もう一度、彼を信じたいあなたへ(文庫)』
『ふたりの関係がコワれそうになったら』
『「夫婦」はもっと仲良くなれる』
『夫の浮気がピタリと止む方法』

  copyright 2005 Koichi Takeishi.All rights reserved.

mariのいろえんぴつ