行政書士さんの女性のための悩み相談所
ホーム 初めての方へ Weekly Question 恋の悩み相談 カウンセリング相談
いざという時に役に立つ法律知識をカテゴリー別にわかりやすく紹介!
コスメティック
  Cosmetic
 ショッピング
  Shopping
 アクシデント
  Accident
 恋愛/結婚/離婚
  Woman&Man
 ダイエット
  Diet
 ファミリー
  Family
 著作権
  Copyright
 ワーキング
  Working
イメージ画像 ダイエット
今こそ知っておきたいサプリメントの知識

日本製サプリと外国製サプリの違い

日本製サプリメントと外国製サプリメントはどちらもサプリメントと呼ばれています。しかし微妙に違うところがあります。

どこの国でもだいたいそうですが、業者がサプリメントという食品を販売しようとする時は、まず国で定められている食品基準に照らしあわせる必要があります。

食品基準とは、私達がふだん口に入れるものが確かに食品だと国が認める基準です。つまり、日本という私達の国を例にとりますと、日本の厚生労働省は食品の中に含まれる成分を細かく定めており、その基準の範囲内のものだけを食品として販売することを認めているのです。

この食品基準に適合したサプリメントを販売しようと思ったら、あなたでも簡単に販売することができます。しかし、もし医薬品の成分のように刺激の多い成分が含まれているサプリメントであれば、それは日本では食品として販売はできません。

つまり医薬品の成分が少しでも含まれているサプリメントは、日本では食品でもサプリメントでもなく、医薬品と言うことになるのです。そのような医薬品をあなたがもし販売しようと思ったら、厳しい国の審査をへて、それをクリアしなければいけないのです。

しかし、この食品基準は、海外の国々も日本とまったく同じわけではありません。日本で医薬品の成分だと定められている成分でも、海外のある国の食品基準では医薬品の成分ではなく食品の成分だったりするのです。

なんとなくおわかりになってきましたでしょうか。
このように、同じサプリメントと呼ばれているものでも、日本のサプリメントと海外のサプリメントは含まれている成分が微妙に違っていたりします。

そして、海外から輸入される外国製サプリメントの中には、まれに身体に有害な医薬品成分を含むサプリメントもあるのです。しかしそれは、日本ではサプリメントと呼んではいけないものなのです。



一覧へ