行政書士さんの女性のための悩み相談所
ホーム 初めての方へ Weekly Question 恋の悩み相談 カウンセリング相談
いざという時に役に立つ法律知識をカテゴリー別にわかりやすく紹介!
コスメティック
  Cosmetic
 ショッピング
  Shopping
 アクシデント
  Accident
 恋愛/結婚/離婚
  Woman&Man
 ダイエット
  Diet
 ファミリー
  Family
 著作権
  Copyright
 ワーキング
  Working
イメージ画像 コスメティック
 行政書士さんの輸入化粧品講座

海外ブランドコスメ店はなぜ少ない?(その1)

シャネル、MAC、クリニーク、エスティローダ、ゲラン、イブサンローラン・・・

日本には数多くの海外のブランド化粧品が輸入されて販売されています。

でも、よく思い出してみましょう。こうした海外から輸入されるブランドコスメって、あまり家の近所のお店で売ってないと思いません?たいていはデパートの専門コーナーで売られていたりするのが普通です。

あなたが雑誌を見て「今すぐランコムの新商品が欲しい!」と思っても、近所の普通の化粧品店ではほとんど取り扱っていなかったりします。なぜ海外の化粧品を普通の化粧品店では取り扱わないのでしょう?

それは近所のごく普通の化粧品ショップが海外ブランドコスメを販売しようと思ったら、国の許可が必要になり、いろいろと条件が必要になってくるからなんです。つまり、一般の化粧品のお店は海外の化粧品を無許可で販売することができないんですね。ちなみに日本製の化粧品を販売するのに許可はいりませんよ(^-^)

ではもしあなたがショップを出して海外ブランドコスメを販売したいと思ったら、どんな条件が必要になってくると思いますか?

驚く方もいるかもしれませんが、法律で、輸入化粧品を販売するお店は薬剤師さんを売り場につけないといけないのです。薬剤師さんは一般的に薬局薬店で働いている医薬品のプロの方です。でも輸入化粧品の売り場でも必要とされる方だったんです。
(つづく)

次のページへ
一覧へ